賃貸の仮押さえのための申込金について知っておこう | Luxurious Houses

賃貸の仮押さえのための申込金について知っておこう

一時的に部屋をキープするための申込金

賃貸選びでは、いくつかの部屋を見学してまわることになります。見学した結果、とても気に入ったけど、まだもう少しほかの部屋も見てみたい、という状況は当然ありますよね。そんな時、仲介する不動産会社から、しばらく部屋をキープしておくので申込金を払ってください、と言われることがあります。後々トラブルを避けるためには、この申込金の扱いについて知っておく必要があります。本来は契約前にお金を払う必要はないのですが、実際賃貸の仲介ではよく行われていることでもあります。

申込金はキャンセルしても戻ってくる

ほかの部屋を見学した結果、結局申込金を払った物件が一番気に入ったから話を進める、というならトラブルになることはありません。問題は、もっと良い部屋が見つかったからやっぱり申し込みをキャンセルしたい、という場合です。契約は成立していませんので、申込金は返金してもらうことができます。しかし、中にはキャンセル料として返金に応じない不動産会社があるのです。もっと気に入った部屋が同じ不動産会社の仲介なら良いのですが、別の不動産会社の仲介で話を進めるとなると尚更です。

キャンセルした時の扱いを確認しておこう

部屋探しの情報サイトなどで、申込金が戻ってこないこともある、などと不動産会社寄りの内容が書かれていることがありますが、間違いですので気を付けてくださいね。返金されるからといって、安易にいくつもキープするのはいけませんが、契約しない部屋にお金を払う必要は一切ありません。申込金を求められたら、キャンセルする場合は戻ってくるかどうかを必ず確認し、書面にしてもらっておくと安心ですよ。もしくは申込金は払わず、迷っている間にほかの人に決まったら、縁がなかったと諦めるのも良いですね。

旭川市の賃貸は人気があり、市内でも便利な立地に住宅がありますので、快適に生活できる環境となっています。