賃貸契約の時にクレジットカードの利用履歴が影響するって本当? | Luxurious Houses

賃貸契約の時にクレジットカードの利用履歴が影響するって本当?

賃貸の審査では個人信用情報が見られるの?

賃貸の審査では、個人信用情報が見られることは基本的にありません。個人信用情報を見るためには、個人信用情報機関に加盟している必要があります。不動産会社や大家さんはこの機関に加盟していませんので、重大な個人情報である信用情報を見られることはありません。賃貸の審査では、大家さんがOKを出してくれるかどうかが重要になります。年収や職業の他、服装や話し方、態度なども見られることがあります。当然ですが、人気の高い物権ほど審査に通過することは難しくなります。

連帯保証人が用意できない場合には注意?

連帯保証人が用意できない場合には注意が必要になってきます。その場合、保証会社と契約することを要求されてしまうからです。保証会社といってもいろいろな会社がありますが、多くは信販会社が保証会社になっています。信販会社というと、みなさんご存知の通り、クレジットカードやカードローンのサービスを行っている会社です。個人信用情報機関に加盟していますので、保証会社の審査の時に個人信用情報が見られる可能性が高いです。過去にクレジットカードやローンの返済で事故を起こしている場合には、審査に落とされる可能性もあります。

連帯保証人が用意できる場合でも安心できない?

最近では、連帯保証人を用意できる場合でも、さらに保証会社をつけることを要求されるケースも増えています。大家さんにとっては、連帯保証人よりも保証会社をつけてもらったほうが確実に家賃を回収できるからです。保証会社をつけることができれば、すぐにOKの返事をもらえることも多く、早く結果が欲しいために連帯保証人が用意できる場合でも保証会社をつける人もいます。クレジットカードやローンの延滞が1回や2回ならばそれほど審査には影響しないことも多いですが、長期延滞をしていたり債務整理をしている場合には気をつけておきましょう。

最近では物を購入するのではなく賃貸する人も多いです。なぜなら契約期間が終了すれば、物を別な種類に変更することができるため便利だからです。